『冥途の飛脚』   
   
  2018年12月3日、団員3人で壺阪寺に出かけた折、浄瑠璃「傾城恋飛脚」「冥途の飛脚」の ゆかりの地にも足を運んでみました。  

 新町を出て忠兵衛の実家のある大和・新口村まで落ち延びる行程の中で、駕籠を降りた二人は 冷たい冬空のもと竹内峠を越えたと言われています。
  さらに新口村に向かう前に、二人が20日程滞在した「三輪の茶屋」という宿屋が出てきます。 実際にあった竹田屋という旅籠のことで、二階建ての建物は昭和初期までありました。
 その後、子孫の方がその茶屋のあった自宅の敷地内に「梅川忠兵衛之碑」を建立され、「三輪の茶屋跡」として公開されています。 一般家庭のお庭の中にありますので、静かに拝見させていただきました。

 また、大正5年に移設された「三輪の茶屋」の門も現存しています。 大神神社・二の鳥居近くの そうめん処「森正」さんの正面入口の門です。
 
   

<三輪の茶屋跡>
 奈良県桜井市(大神神社 大鳥居から一の鳥居に向かう参道途中)
 JR桜井線「三輪」下車 西へ400m
<そうめん処・森正>
 奈良県桜井市三輪
 JR桜井線「三輪」下車 大神神社方面約400m
 近畿・阪和自動車道から南阪奈道路を経由し、大和高田バイパスで橿原市内へ。
 国道165号線で桜井市へ。169号線を北上し、三輪交差点を右折。

 三輪の茶屋跡
森正・三輪の茶屋の門
 
           
  自家用車で竹内街道を走ってみました。
  竹内街道は、大阪府堺市から奈良県葛城市までの約26㎞にわたる日本最古の官道といわれ、 現在では そのうちの一部が国道166号線に指定されています。
 また、奈良県香芝市・屯鶴峰から大阪府和泉市・槇尾山を結ぶ全長約45㎞のダイヤモンドトレール(長距離自然歩道)の一部でもあります。
 
 
竹内街道と国道166号線
 
県境
 
竹内街道分岐
     
   
 浄瑠璃「冥途の飛脚」のなかに出てくる誉田八幡宮にも立ち寄りました。
 誉田八幡宮は応神天皇を主祭神とする、たいへん由緒深い歴史のある神社です。 応神天皇陵がそびえ、御陵祭祀を司っておられます。
 境内は大変広く、9月の秋季大祭には神輿が応神天皇陵内へ渡る様子も見られます。  
 
 

<誉田八幡宮>
 大阪府羽曳野市誉田3丁目2-8
 近鉄南大阪線「古市」下車 徒歩約10分
 近畿・西名阪自動車道 藤井寺ICより国道170号線を南下

 
 
誉田八幡宮
 
誉田八幡宮・鳥居
 
誉田八幡宮・本殿
 
右近の橘
 
左近の桜
 
 (S.N)  
他の記事:周辺スポットで紹介しました 「梅川・忠兵衛 ゆかりの淡路町」 「梅川忠兵衛の墓」   
「道行相合かご」のあと辿った新口村  『傾城恋飛脚』「新口村の段」      
   
   
   
『壷坂観音霊験記』
2018年12月3日、団員3人で壺阪寺に出かけました。 天気予報は 曇り時々雨。12月の寒空の中、どうなることかと思案しておりましたが、 時々日差しが注ぐような 思いもよらぬ暖かい一日となりました。

<壷阪寺>
 奈良県高市郡高取町壷阪3
  近鉄吉野線「壷阪山」下車。奈良交通バス または タクシーに乗車。
  近畿・阪和自動車道から南阪奈道路を経由し、大和高田バイパスで橿原市内へ。
  169号線を南下し、清水谷交差点を左折。

 
  壷阪寺は、西国三十三ヶ所霊場の第六番札所で、真言宗のお寺です。
 入山の受付を済ませ、まずは右手の大講堂から拝観させていただきました。 堂内には、過去の文楽の写真や資料がたくさん飾ってあり、大変見ごたえがありました。

  階段や坂を上っていきますと、多宝塔や三重塔、そして礼堂があります。 礼堂に続く本堂八角円堂で、ご本尊の十一面千手観世音菩薩に手を合わせます。
 観音さまの間近まで行くことができます。主に眼病治癒を祈らせていただきました。 また、裏の出口からは大和三山奈良盆地を見渡すことができます。

入口

 大講堂

仁王門
 
三重塔

十一面千手観世音菩薩
   
 
  いよいよ、お里・沢市の像の前に来ました。
  ここは、浄瑠璃「壺坂観音霊験記」の中で、沢市とお里が身を投げた谷と言い伝えられています。 深い谷を覗き せつない夫婦愛を感じながら、写真撮影をさせていただきました。

 他にも、大釈迦如来石像・大観音石像・大涅槃石像…など、大きな仏様がたくさんあります。 山一帯がテーマパークのような壷阪寺で、名残惜しい紅葉も楽しみました。

お里澤市の像

 お里観音

大釈迦如来石像
 
澤市霊魂碑

大観音石像と大涅槃石像
   

めがねオブジェ

めがね供養観音

大観音石像

見事な紅葉

壺坂寺全景
   
 
 
 山を下りた麓にある住宅地の中に、お里沢市の墓があります。 「信楽寺」という小さなお寺の境内右手に、二人のお墓と地蔵石仏が祀られていました。
  国道沿いにバス停がありますが、運行本数もかなり少ないですので、自家用車またはタクシーでの移動がお勧めです。 お寺までの案内標識も特にありません。道もたいへん狭いです。
     
<信楽寺>
 奈良県高市郡高取町下子島

   
 (S.N)
 
壷阪寺は西国三十三所観音霊場の第六番札所。そこで、西国三十三所観音霊場の札所案内と、札所が舞台になっている文楽の演目を紹介します。
第1番 那智山青岸渡寺 第18番 紫雲山頂宝寺(六角堂) 『桂川連理柵』六角堂の段
第2番 紀三井山金剛宝寺(紀三井寺) 第19番 霊麀山行願寺(革堂)
第3番 風猛山粉河寺 第20番 西山善峰寺
第4番 槇尾山施福寺 第21番 菩提山穴太寺
第5番 紫雲山葛井寺 第22番 補陀洛山総持寺
第6番 壷阪山南法華寺(壷阪寺) 『壷坂観音霊験記』山の段 第23番 應頂山勝尾寺
第7番 東光山龍蓋寺(岡寺) 第24番 紫雲山中山寺
第8番 豊山長谷寺 第25番 御嶽山清水寺
第9番 興福寺南円堂 第26番 法華山一乗寺
第10番 明星山三室戸寺 第27番 書寫山圓教寺 『鬼一法眼三略巻』播州書写山の段
第11番 深雪山上醍醐寺 第28番 成相山成相寺
第12番 岩間山正法寺(岩間寺) 第29番 青葉山松尾寺
第13番 石光山石山寺 第30番 巌金山宝厳寺 『源平布引滝』竹生島遊覧の段
第14番 長等山園城寺(三井寺) 第31番 姨綺耶山長命寺
第15番 新那智山観音寺 第32番 繖山観音正寺
第16番 音羽山清水寺 『玉藻前曦袂』清水の段
『新薄雪物語』清水寺の段
第33番 谷汲山華厳寺
第17番 補陀洛山六波羅蜜寺
 『伽羅先代萩』   
 

先代萩の舞台は、仙台市。大阪からは遠くて取材に行けません。と思っていたら、東京の中目黒に乳人政岡のモデルになった人の銅像があると聞き、東京公演に行ったついでに取材しました。
 東京メトロ日比谷線、東急東横線の「中目黒」駅で下車。改札を出て大きな通りを右方向に歩くこと5分ほど、立体交差点を右に曲がり、緩やかな上り坂を行くとすぐ右手に正覚寺(しょうがくじ)がありました。
 門をくぐると有りました、見上げるような大きな銅像が。これが乳人政岡か、と感心しつつ眺めておりました。
 

 銅像は、仙台藩伊達家の太守伊達綱宗の側室で、名前は三沢初子。伊達綱村の生母です。なんでも六代目尾上梅幸の政岡をモデルにしたんだとか・・・ (S.K)






    
 
正覚寺
 
三沢初子像
   
 
 文楽すぽっと
                                       ここをクリックしてね  
     
                                       『篠原古戦場・安宅の関跡』  
    今までに紹介した 演目ゆかりの すぽっと 
    今までに紹介した 周辺見て歩き すぽっと 
演目ゆかりのすぽっと
 
 『壇浦兜軍記』   
阿古屋琴責の段   

 2013年12月、聖護院の取材に続いて、次は阿古屋関連の取材をしました。
 四条京阪前でバスを降りた後、鴨川沿いを南下します。川端通の一本東側の宮川町通を歩きました。五花街の一つ、「舞妓さんにあえるまち 宮川町」です。松原通にぶつかると左折(東へ)して5分ほど歩くと右手に西福寺、角には「六道の辻」の石碑があります。その角を右折(南へ)すると、すぐに六波羅蜜寺が見えてきます。大勢の参拝者。門をくぐると直ぐ、阿古屋塚。以前お参りに来たときより、立派にお祀りされていました。良く見ると、奉納 五代目坂東玉三郎 平成23年11月吉日純性代」とありました。説明版には「阿古屋塚 阿古屋の菩提を弔うため鎌倉時代に建立する。石造宝塔は鎌倉時代の作で、その下の台座は古墳時代の石棺の石蓋を用いている。(まだまだ続くのですが。)」と。そうなんだ、とここでもしっかりお参りしました。折角ですから、宝物館(入館料600円)に安置されている重文「空也上人立像」、重文「平清盛坐像」、重文「運慶湛慶坐像」の拝観させて頂きました。

 そこで、一応今回の「ゆかりの町あるき」は終了です。
 寒かったので、団栗橋を渡って「甘いもん」を食べ暖まって帰路につきました。(A.H)

 
宮川町通
 
 
六道之辻
 
六波羅蜜寺
 
阿古屋塚
 
奉納 坂東玉三郎
 
阿古屋地蔵
 
清盛公の供養塔
 
 
 
 
 
このホームページは文楽応援団が運営しています。当ホームページの資料、情報の無断転載は禁止です。
当サイトに関するメッセージは、こちらまでご連絡ください。   
inserted by FC2 system