文楽応援団

応援団員募集のお知らせ

応援団通信

応援団掲示板(団員用)

 (パスワードが必要です。)

このホームページは文楽応援団が運営しています。当ホームページの資料、情報の無断転載は禁止です。
当サイトに関するメッセージは、こちらまでご連絡ください。


 

文楽応援団では、年に2回「文楽応援団通信」を発行しています。
劇場ロビーや資料展示室に配置しています。

応援団活動の記録
文楽応援団について

団長からのごあいさつ


                                                                                                       
 昨日から雨です。そろそろ梅雨の季節ですね。
  文楽応援団恒例の文楽ゆかりのバスツアーを企画し、6月入って直ぐの日曜に、「勧進帳」ゆかりの地、石川県小松、安宅方面に団員20人で行ってまいりました。
 この企画は昨年、季節外れの台風21号接近の暴風雨のためにやむなく中止し、再度の企画でした。天気は文句のつけようのない晴れ。楽しかったです。どんなに楽しかったかは、7月公演初日に発行される応援団通信33号か、応援団HPにアップされる予定の「文楽ゆかりのスポット」をお読みください。

 平成30年四月公演は、「五代目吉田玉助襲名披露」で幕が開きました。
  毎日大勢のお客さんが来てくださいました。 襲名披露口上もお揃いの肩衣と袴。色も鮮やかなピンク。ピンクではないと言われましたがピンクに見えました。
 文楽では襲名されるご本人はただただ頭を下げておられるだけで、お歴々の方々がご挨拶をされます。 良いもんですね。

 四月公演の二部ご覧になりましたか。国立文楽劇場では初めての上演となる「須磨浦の段」「瓢箪棚の段」は、幕の開く前から楽しみにしていました。 ご覧になってみて面白かったでしょ。 大スペクタクル。
 主役は毛谷村六助さんだと思いますが、京極内匠が名を替え衣裳を替えて全段に出てきます。 この極悪人が主人公に思えてなりませんでした。
  京極内匠を遣う人形遣いさんと首(かしら)にある特徴のホクロが同じなので、あの極悪人と判ります。 ある人がこの作品はドタバタのB級作品と言うたとか言わなかったとか。
  そんなぁ。 それを聞いてすごく悲しくなりました。 愛する文楽をそんなに言う人が居るなんて。
  団員の1人が面白すぎて5回も観たわ、と言うていました。そうですよね。そうこなくっちゃ。 それこそ文楽応援団の団員です。
 文楽って面白いんです。辻褄合っていても合わなくても面白いんです。 途中から始まって途中で終わる、なんのこっちゃ判らんけど面白かった、それでイイと思うんで す。

 応援団として来てくださるお客さんに、解説させていただくために、前後のお話の流れのご質問にお応え出来るようにはしています。 また観たいと思います。生きている内に再演していただけますようにお願いいたします。

 先日、長年文楽を愛し、文楽応援団結成時から熱心に活動、解説してくださっていた団員を失いました。 大きな空洞がポッカリ。 文楽イベント、伊勢文楽、博多座文楽、長門文楽、内子座文楽、相生座文楽、尼崎文楽、梅田文楽、東京公演などなど。 文楽鑑賞のあとの珈琲ブレイクも。 数えればキリがないほど、あちこち文楽行脚をしていました。 沢山の友人知人、教え子に愛されていました。 この先どうしてこの大きな穴を埋めていけばいいのか、どなたか教えてください。
  「行くに決まっている」 と文楽のイベントに誘うと口癖のように言うて、文楽有るとこにいつも居た人に、もう出会わないなんて、さ・み・し・い。 こんなワタシをきっときっと天空からシッカリしぃやと励ましてくれているのかもしれません。

  6月鑑賞教室。7月公演・・ 文楽は不変です。 この先もずっと文楽応援団も不変です。 ガンバリマス。 文楽も文楽応援団も、ついでにワタシも応援してください。よろしくお願いいたします。

 どんなときでも文楽劇場の廻しもんですので心よりお勧めいたします。
  7月公演チケット電話予約は絶賛発売中です。 その前に6月鑑賞教室です。 これぞ名作❢「絵本太功記」夕顔棚の段・尼ケ崎の段。是非是非。 展示室での応援団員の解説はありませんけどね。

電話:国立劇場チケットセンター 0570-07-9900
窓口販売:10時~18時
                                                     (2018.6.6)
inserted by FC2 system